toggle
静岡県静岡市葵区千代田のアットホームな動物病院です。犬猫の健康寿命を延ばすための予防獣医学に力を入れています。犬猫の病気予防・検査・診療・診断・治療・健康診断・避妊手術・去勢手術・狂犬病予防注射・混合ワクチン・フィラリア予防・ノミ予防・マダニ予防・食事管理・しつけなど動物病院でお気軽に御相談ください。
猫のリンパ腫(リンパ肉腫)
猫の消化管型のリンパ腫です。回腸と結腸の境目で腫瘍が増大し腸管の内腔が狭くなって通過障害を起こしていました。写真1は術前のレントゲン写真です。写真2では腸管の壁が肥厚し内腔が狭いのがわかります。写真3は狭窄した前方で腸内容物が硬く充満して通過障害を起こしていました。写真右は回腸側からみたものです、内腔がほとんど確認できません。術後は食欲も出て退院しました。
rinpasyuf3-1
患部を切開してみると腸壁が明らかに肥厚し、腸内腔が著しく狭い。
rinpasyuf-1
狭窄部の前方で内容物が通過障害を起こしている。
rinpasyuf3
腸内腔が狭窄している。
rinpasyuf2
猫の前縦隔洞にできたリンパ腫です。呼吸困難な臨床症状が特徴です。写真は初診時のレントゲン所見、心臓の陰影は不明、肺が縦隔部にできた腫瘤のため背側に変位して小さくなっています。
rinpasyuf7
写真は左側胸部第4肋間からの超音波検査による横断像です、前縦隔部に辺炎が高エコーで内部が低エコーな腫瘤が確認できます。
rinpasyuf-tyo3
写真はその腫瘤部の細胞診です、やや赤血球が混在していますが、明らかに大型のリンパ球様細胞が多数確認できます。腫瘍細胞の核分裂らしき像も確認できました。
写真は化学療法3日目の所見です、完全ではありませんが心臓の陰影が確認できます。肺も胸部全体に拡張しています。
rinpasyuf9
写真は治療後2週間後のレントゲン写真です。一部腫瘍が確認できますが、ほぼ腫瘍は縮小し正常に近い状態までになっています。この症例は1年前の1歳齢の時に下顎リンパ節の腫脹、神経症状、元気消失、猫白血病抗原陽性で、治療後完全寛解し、約1年の間元気でした。写真は同症例の数ヶ月後に右前眼房内に再発した所見です。この症例は白血病ウイルス抗原検査は陽性で、白血病ウイルスが関連していると思われました。
rinpasyuf7-1
脾臓のリンパ腫です。写真のレントゲン所見は前腹部腹側に腫瘤が確認できます、胸部心臓尾側にも腫瘤が存在する。
rinpasyuf5
写真は脾臓腫瘤部の超音波所見です、大型の低エコー性の腫瘤で網目状の構造があります。
rinpasyuf-tyo
写真は腹部左側からの脾臓部の超音波所見です、低エコーな病変が多数存在します、肝臓の一部にも病巣らしきものがあります。
rinpasyuf-tyo2
写真は脾臓腫瘤部の針吸引による細胞診所見です。大型核リンパ芽球細胞が多数認められる。細胞は不整形で大型で細胞質も広く、細胞質には空泡も存在する。このタイプのリンパ腫は猫ではわりと多く発生するようである。
rinpasyuf6
猫の乳腺腫瘍
猫の乳腺腫瘍は9割くらいが悪性腫瘍であるといわれ、早期に発見して積極的な治療を行わないと肺等に転移し予後は良くない可能性が高いです。写真は腫瘍の病変所見です。猫では乳腺腫瘍に対する避妊手術の効果は犬ほど明確にはなっていないが、ある程度の効果があるという研究もある。日頃ブラッシング等のグルーミングを実施し腹部皮膚の異常に早く気づくことが一番の対策でしょう。
nyusensyuyou-f-1
写真は病変部の弱拡大病理組織所見です。
nyusensyuyou-f2
写真はその強拡大所見です。乳腺癌細胞で、微細な結合組織や筋束によって被包はされているものの、周囲組織に飛び火するような小型病変の形成が見られたり、まれに脈管侵襲像が確認される。
nyusensyuyou-f1
猫の扁平上皮癌
猫の口腔内腫瘍で扁平上皮癌は猫で最も多く見られる腫瘍です。患部周囲に浸潤し組織を破壊していきます。皮膚の扁平上皮癌では、顔面に発生しやすい。特に耳先端部、鼻周囲等が好発部位です。白猫や部分的に白い猫は他の毛色の猫に比べ5倍以上この皮膚の腫瘍になりやすいとのデータもあります。写真は口腔内に発生した腫瘍です、周りの組織を破壊していきます。
henpeijyouhiganf
上と同じ症例、側面から見た所見です。
henpeijyouhiganf2
写真は鼻部の重度の腫瘍です。治療は外科的切除、放射線療法、化学療法が一般的な治療です。
henpeijyouhiganf3-1
猫の基底細胞腫
猫の良性の皮膚腫瘍です。写真は猫の頬部に発生した。切除で予後良好です。
kiteisaibousyuf
猫の良性の皮膚腫瘍です。写真は猫の頬部に発生した。切除で予後良好です。
kiteisaibousyuf1-1
好酸球性肉芽腫
骨盤部の結腸粘膜部に発生した好酸球性肉芽です。写真は内部から引き出した腫瘤部の所見。罹患猫は排便困難、血便等の症状を呈していた。組織検査の結果は肉芽腫であった。外科的切除手術を実施した。
kousankyuseinikugasyuf1-1
結腸の陰性造影検査で、骨盤部結腸内腔に腫瘤が確認できる。
kousankyuseinikugasyuf-1
切除した結腸部腫瘤
kousankyuseinikugasyuf2-1