toggle
静岡県静岡市葵区千代田のアットホームな動物病院です。犬猫の健康寿命を延ばすための予防獣医学に力を入れています。犬猫の病気予防・検査・診療・診断・治療・健康診断・避妊手術・去勢手術・狂犬病予防注射・混合ワクチン・フィラリア予防・ノミ予防・マダニ予防・食事管理・しつけなど動物病院でお気軽に御相談ください。
2015-09-16

犬の寄生虫病

  • 回虫症
    母犬から仔犬に感染する、母犬が妊娠中に回虫が活動的になり、胎盤から胎仔に、あるいは母乳から仔犬に感染する。多数の回虫が消化管に寄生すれば嘔吐下痢などの症状、肺に寄生すれば咳などの症状がでる。人獣共通寄生虫病で特に人間の子供が卵を口から摂取すると幼虫の内臓移行が起こることがある。仔犬と遊んだ後は手洗いやうがいなどの習慣が大切である。また仔犬の時期にしっかり予防駆虫することが重要である。予防駆虫は簡単にできます。
  • 条虫症
    いわゆるサナダムシである。白い米粒様で肛門周囲や便に付着して発見する。犬へのノミが寄生することにより、条虫感染が起こる。まずはノミの予防駆虫が大切である。感染したら駆虫する。人獣共通寄生虫病である。人間の子供にはノミを潰したり、誤って口に入れない様に教える。
  • 犬鉤虫症
    仔犬の口または皮膚、母乳から感染する。症状は下痢や血便、タール状便、貧血、咳などである。駆虫で治療する。
  • 犬糸状虫症(犬フィラリア症)
    心臓と肺に行く血管に寄生する細長い寄生虫である。ミクロフィラリアという子虫を無数に生まれ血液の中をめぐる。蚊の吸血によりこの寄生虫を媒介する。感染犬は心臓と肺の症状がでるが、重度に寄生すると血を吐いたり、腹水が貯まったり、痩せてくる。失神も起こし死亡率が高い。予防薬があり定期的に投薬する。
関連記事