真意はどうあれ、御使用には注意が必要でしょう。
成分は昔ながらの殺虫成分ピレスロイド系のフォノトリンです。含有量によっては中毒を起こす可能性は否めないでしょう。早急なメーカー側の見解を待ちましょう。